芒種の俳句 -稼種-

稲の苗床

6月に入ると、暦に二十四節気の一つの「芒種(ぼうしゅ)」があります。

この芒種は、俳句においては夏の季語であり、俳句作品にも詠み込まれています。

このページには、芒種が詠み込まれた俳句の中から 5句を集めました。どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

芒種の俳句 5選

 

大灘を 前に芒種の 雨しとど

【作者】宇多喜代子(うだ きよこ)

【補足】(なだ)とは、陸から遠く、波が荒い海のことをいいます。また、航海が困難なところを意味することもあります。「しとど」とは、はなはだしい様子を表現する言葉です。

 

ガラス器と 芒種の湖と がやがやす

【作者】金田咲子(かなだ さきこ)

【補足】「湖」の読み方は「うみ」です。

 

ささやくは 芒種の庭の 番鳩

【作者】石原八束(いしはら やつか)

【補足】番鳩(つがいばと)とは、雌(めす)と雄(おす)の鳩のことです。

 

芒種なり 水盤に粟 蒔くとせむ

【作者】草間時彦(くさま ときひこ)

【補足】「蒔く」の読み方は「まく」です。

 

芒種はや 人の肌さす 山の草

【作者】鷹羽狩行(たかは しゅぎょう)

【補足】「はや」は「早くもすでに、もはや」という意味です。

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 芒種とは?

⇒ 6月の季語と例句

⇒ 6月の俳句 20選

⇒ 有名な俳句 30選

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ