Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

蛍の俳句 30選 -蛍火-

草に止まって光っている蛍

夜に光を発しながら飛ぶ蛍は、夏の風物詩の代表的なものといえるでしょう。

平安時代の頃から和歌にも詠まれて、その姿は人々から愛されてきました。もちろん俳句においても、蛍は多くの俳人によって取り上げられ、多くの作品に詠み込まれてきました。

このページには、蛍が詠まれた俳句の中から 30句を選びました。蛍のいる風景が目に浮かんでくるような俳句ばかりですので、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

蛍の俳句 30選

森の中の水上で光る蛍

蛍が詠み込まれた俳句を集め、句の文字の五十音順に並べました。

なお、蛍は俳句において夏の季語として扱われます。

 

紫陽花を はなれし昼の 蛍あり

【作者】水原秋桜子(みずはら しゅうおうし)

【補足】紫陽花(あじさい)の花の色はよく変わるので、「七変化」「八仙花」等とも呼ばれます。

 

一心に ともして飛べる 蛍かな

【作者】高橋淡路女(たかはし あわじじょ)

 

薄羽織 袂に放つ ほたるかな

【作者】高橋淡路女

【補足】「袂」の読み方は「たもと」です。

 

大いなる 蛍の闇に 細き道

【作者】星野立子(ほしの たつこ)

 

遅月に まぎれて飛べる 蛍かな

【作者】西島麦南(にしじま ばくなん)

【補足】遅月(おそづき)とは、月の出るのが遅いことをいいます。

月と蛍

 

重なりて 蛍の水を 覗きけり

【作者】長谷川かな女(はせがわ かなじょ)

【補足】「覗きけり」の読み方は「のぞきけり」です。

 

艸の葉を 落るより飛 蛍哉

【作者】松尾芭蕉(まつお ばしょう)

【補足】「艸」の読み方は「くさ」です。

 

叢に かたまり落つる 蛍あり

【作者】星野立子

【補足】「叢」の読み方は「くさむら」です。

 

月光に 蛍雫の ごとくなり

【作者】川端茅舎(かわばた ぼうしゃ)

【補足】「雫」の読み方は「しずく」です。

 

脂粉なき 少女とともに 蛍狩

【作者】山口誓子(やまぐち せいし)

【補足】脂粉(しふん)とは化粧のことで、もともとは「べに」と「おしろい」のことを意味しました。

スポンサーリンク

 

すつと来て 袖に入たる 蛍哉

【作者】杉山杉風(すぎやま さんぷう)

 

瀬の音の うすくきこゆる 蛍かな

【作者】久保田万太郎(くぼた まんたろう)

 

篁を つひに出でざる 蛍かな

【作者】日野草城(ひの そうじょう)

【補足】(たかむら)とは、竹の林・竹藪(たけやぶ)のことです。

 

てうつしに ひかりつめたき ほたるかな

【作者】飯田蛇笏(いいだだこつ)

 

手うつしに 蛍もらひぬ 垣根ごし

【作者】高橋淡路女

葉の裏に止まって光っている蛍

 

手の螢 橋の上より 放ちけり

【作者】阿部みどり女(あべ みどりじょ)

 

とぶ蛍 柳の枝で 一休み

【作者】夏目漱石(なつめ そうせき)

 

憎ひ蚊と 同じ盛の ほたる哉

【作者】横井也有(よこい やゆう)

 

逃て来て ため息つくか はつ蛍

【作者】小林一茶(こばやし いっさ)

 

庭草に 蛍ともりぬ 雨のあと

【作者】山口青邨(やまぐち せいそん)

庭の草に止まっている蛍

 

光洩る その手の蛍 貰ひけり

【作者】中村汀女(なかむら ていじょ)

【補足】「洩る」「貰ひけり」の読み方は、それぞれ「る」「もらいけり」です。

 

人寐ねて 蛍飛ぶ也 蚊帳の中

【作者】正岡子規(まさおか しき)

【補足】「寐ねて」「蚊帳」は、それぞれ「ねて」「かや」と読みます。

 

蛍火に 天蓋の星 うつり去り

【作者】山口誓子

【補足】天蓋(てんがい)とは、空の果てのことです。

 

蛍火の 静かに消ゆる 愁ひかな

【作者】高橋淡路女

【補足】「愁ひ」の読み方は「うれい」です。

 

蛍火の 鞠の如しや はね上り

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

【補足】「鞠の如し」の読み方は「まりごとし」です。

木々の中で飛び交う蛍の群れ

 

蛍火や 岸にしづまる 夜の水

【作者】炭 太祇(たん たいぎ)

 

蛍よぶ 昔も今も 同じ唄

【作者】星野立子

 

明滅の いづれ悲しき 蛍かな

【作者】川端茅舎

 

山風の 谷へ火ながき 蛍かな

【作者】原 石鼎(はら せきてい)

 

夕空の 星とわかやぐ 蛍かな

【作者】原 石鼎

無数の蛍の光

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 初夏の俳句 20選

⇒ 夏の俳句 30選

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ