スマートフォン解析

5月といえば… をたっぷり集めてみました

アヤメの花

5月になると、とても爽やかな気候の日が多くなります。そして、草木の青さも目に付くようになり、新鮮さを感じることが多くなります。

また、5月ならではの行事やイベントも多いので、毎日の生活も楽しい時期となります。

今回は、5月といえばすぐに思い浮かぶもの、5月ならではの風物詩などを、ランキング、行事、食べ物、花などに分けて集めました。是非一度、チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

5月といえば、ランキングの上位は何?

まず、「5月といえば○○」といったランキングには必ず入っている、代表的なものをみていきましょう。

複数のランキングで上位にあったものを、五十音順に並べてあります。いずれも5月らしい風物詩ばかりで、上位になるのも納得できるようなものです。

 

運動会

日本で運動会が行なわれるようになったのは、明治時代のことでした。当時は「体操会」「体育大会」「競闘遊戯会」などの名称で呼ばれていました。

 

こいのぼり

こいのぼりが広く一般に飾られるようになったのは、江戸時代になってからのことでした。男の子の立身出世と健康を祈願する風習で、中国の故事にならったものです。

 

五月人形

五月人形に多いのは、金太郎、牛若丸、弁慶などを模したものです。

 

五月病

五月病は「ごがつびょう」と読み、「さつきびょう」は誤読といえるでしょう。

新しい環境に適応できないことによる、うつ病に似た精神的な症状が特徴で、「適応障害」といわれることもあります。

 

こどもの日

こどもの日は、1948年に国民の祝日として制定されました。

⇒ こどもの日の由来は?

スポンサーリンク

 

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークは、大型連休、黄金週間(おうごんしゅうかん)とも呼ばれます。かつては、飛石連休(とびいしれんきゅう)という言い方も多くされてきました。

日付 祝日の名前
4/29 昭和の日
30  
5/1  
2  
3 憲法記念日
4 みどりの日
5 こどもの日

 

潮干狩り

潮干狩りは、ゴールデンウィークの風物詩として、各種のメディアで伝えらます。

 

菖蒲

菖蒲(しょうぶ=池。川などに生える植物) は、尚武(しょうぶ=武道や武勇を重んじること)と同じ読み方をすること、葉の形が刀に似ています。

このことから、古くから端午(たんご)は男の子の節句とされ、菖蒲の節句とも呼ばれてきました。

 

新茶

八十八夜(はちじゅうはちや=立春から数えて 88日目)に摘んだ茶を新茶、一番茶といい、かつては長寿の薬ともいわれました。

 

田植え

日本では、水田での田植えは縄文時代から古墳時代の頃から行なわれていました。

早乙女による田植え

 

端午の節句

端午(たんご)の「端」は始まりのことで、「午」は十二支の午の日を意味しています。ですから本来は、端午は月の始めの牛の日のことを指していました。

 

博多どんたく

「どんたく」は、オランダ語の Zondag(日曜日の意味)が訛った言葉といわれています。

 

八十八夜

八十八夜は雑節の一つです。

⇒ 八十八夜とは?

 

母の日

母の日の由来は、地久節(ちきゅうせつ=昭和天皇の皇后の誕生日)にあります。

⇒ 母の日はいつ?

ピンク色の薔薇の花

 

プロ野球交流戦

プロ野球のセ・パ交流戦は、2005年から開催されるようになりました。

スポンサーリンク

 

5月といえば、行事などは?

5月の行事、イベント、記念日などをカレンダー形式でまとめました。

 

5/1 メーデー

メーデーは、5月1日に世界各地で行われる祭典です。

 

5/1 日本赤十字創立記念日

1877年5月1日に、日本赤十字社の前身である博愛社が設立されたことを記念する日です。

 

八十八夜

八十八夜の日付は、二十四節気の立春を起算日としていて、毎年 5月2日頃となります。

 

5/3 憲法記念日

憲法記念日は、日本国憲法が 1947年(昭和22年)5月3日に施行されたことを記念して制定されました。

 

5/3・4 博多どんたく

福岡の博多どんたくは、毎年5月3日・4日に開催される祭りで、二日間のうちどちらかが雨天となることが多いです。

 

5/3~5 ひろしまフラワーフェスティバル

ひろしまフラワーフェスティバルは 1977年に初めて開催され、毎年 120万人以上を動員するお祭りです。

 

5/4 みどりの日

現在のみどりの日は 5月4日ですが、以前には 4 月29日がみどりの日と呼ばれていた期間がありました。

  4/29 5/4
~1988年 天皇誕生日 国民の祝日
1989~
2006年
みどりの日
2007年~ 昭和の日 みどりの日

⇒ みどりの日の由来は?

緑葉と日光

 

5/5 こどもの日

国民の祝日に関する法律では、こどもの日の趣旨は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」とされています。

 

5/5 端午の節句

端午の風習は、中国の楚(そ=紀元前に存在した王国の名前)で始まったといわれています。

 

5/8 世界赤十字デー

世界赤十字デー(World Red Cross Day)は、赤十字を創設したアンリ・デュナンの誕生日に由来します。

アンリ・デュナンはスイスの実業家で、第1回ノーベル平和賞を受賞しています。

 

5/第2日曜 母の日

母の日は世界各国にあり、5月の第2日曜日とする国が圧倒的に多くみられます。

 

5/10~16 愛鳥週間

愛鳥週間は、野鳥保護思想を普及するために設けられたもので、バードウィークともいわれます。

 

5/11 長良川 鵜飼い開き

長良川(ながらがわ)の鵜飼い開きの日には、1300年以上の歴史があるといわれています。

 

5/12 看護の日

看護の日は、近代看護教育の母といわれるフローレンス・ナイチンゲールの誕生日に由来し、ナイチンゲールの日とも呼ばれています。

 

5/14~16 出雲大社 大祭礼

出雲大社大祭礼は、古くには「三月会(さんがつえ)」と称して旧暦の 3月1日~3日に行なわれていました。

出雲大社の拝殿

 

5/15 沖縄本土復帰記念日

沖縄本土復帰記念日は、太平洋戦争後にアメリカの施政権下にあった沖縄が 1972年5月15日午前0時に日本に返還されたことに由来しています。

 

5/15 葵祭

京都の葵祭(あおいまつり)は、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ=下鴨神社)と賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ=上賀茂神社)の例祭で、平安時代から行なわれてきた歴史があります。

 

三社祭

三社祭(さんじゃまつり)は、東京の浅草神社(あさくさじんじゃ)で行われる例大祭(れいたいさい=毎年神社で行われる祭祀のうち、最も重要とされるもの)です。

主に、第3木曜日~土曜日に行なわれます。

 

5/16 旅の日

旅の日は、松尾芭蕉が「奥の細道」に旅立った日にちなんだものです。旧暦の元禄2年3月27日(1689年5月16日)のことでした。

 

5/17・18 日光東照宮 春季例大祭

日光東照宮の春季例大祭では、17日に「例祭」「神事流鏑馬(しんじやぶさめ))」「宵成祭(よいなりさい)」が、18日には「百物揃千人武者行列(ひゃくものぞろいせんにんむしゃぎょうれつ)」が行なわれます。

 

5/25 鶴岡天神祭

山形の鶴岡天神祭は、「化けもの祭」として広く知られています。化けもの姿をして 3年の間、誰にも知られずに鶴岡天満宮にお参りができると願いがかなうといわれています。

 

5/29 呉服の日

5(ご) 2(ふ) 9(く)の語呂合わせから制定されました。

着物姿の二人の女性

 

5/31 世界禁煙デー

世界禁煙デー(World No-Tobacco Day)は、禁煙を推進するための記念日として、世界保健機関 (WHO)が制定しました。

 

 

5月といえば、食べ物は?

5月の行事食としては、端午の節句の柏餅ちまきなどがあります

このほかにも 5月に旬となる食材は数多くありますので、野菜、果物、海産物に分けて、主な物をみてみましょう。(一部、4月のものと重複しています)

 

野菜

  • アスパラガス
  • うど
  • きくらげ
  • キャベツ
  • グリーンピース
  • さやえんどう
  • じゃがいも
  • ぜんまい
  • そらまめ
  • たけのこ
  • にら
  • にんにく

 

果物

  • いちご
  • キウイ
  • グレープフルーツ
  • 夏みかん
  • マンゴー
  • メロン

 

海産物

  • あじ
  • いさき
  • ウニ
  • かつお
  • きびなご
  • しらす
  • とりがい
  • ホタルイカ
  • もずく
  • わかめ

 

 

5月といえば、花は?

5月に咲く花で代表的なものをみてみましょう。

  • 杜若(かきつばた)
  • 皐月(さつき)
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 谷空木(たにうつぎ)
  • たんぽぽ
  • 釣鐘草(つりがねそう)
  • 庭石菖(にわぜきしょう)
  • 浜梨(はまなす)
  • 薔薇(ばら)
  • ひなげし
  • 山法師(やまぼうし)

アヤメの花

 

 

5月といえば、異名は?

旧暦では 5月を皐月(さつき)と呼んでいました。現在の新暦でも 5月の別名として用いることがあります。

名前の由来は、早苗を植える月という意味の「早苗月(さなえづき)」から「さつき」へと転じたと考えられています。

また、皐月以外にも多くの異名がありますので、それらをみていきましょう。

  • 菖蒲月(あやめづき)
  • 稲苗月(いななえづき)
  • 五色月(いろいろづき)
  • 雨月(うげつ)
  • 炎景(えんけい)
  • 啓明(けいめい)
  • 建午月(けんごげつ)
  • 月不見月(つきみずづき)
  • 皐月(さつき)
  • 早苗月(さなえづき)
  • 五月雨月(さみだれづき)
  • 写月(しゃげつ)
  • 条景(じょうけい)
  • 星月(せいげつ)
  • 多草月(たぐさづき)
  • 橘月(たちばなづき)
  • 仲夏(ちゅうか)
  • 梅月(ばいげつ)
  • 浴蘭月(よくらんげつ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »