「俳句・季語」の記事一覧(2 / 13ページ)

「春めく」の俳句 25選  -春の息吹-

ピンク色の桃の花

季節が冬から春へと移り変わり、春らしさが深まってくるのは楽しいものです。 草木、風、日の光、人の様子などすべてのものが生き生きとしてくるのが感じられると、日々の暮らしも充実してきます。 このページには、「春めく」に関する・・・

椿の季語 12 と俳句 80選 -海石榴-

ピンク色の椿の花

椿という文字は「木」と「春」から出来ていますし、春の木といえるのでしょう。 しかし、早咲きのものは厳しい寒さの中でも花が開きます。また、椿の品種は多いので、庭木として人気がありますし、身近で見かけることも多いものです。 ・・・

草餅の俳句 25選  -母子餅-

皿の上の2つの草餅

春になって、穏やかな気候の中で食べる草餅には格別なものがあります。 見た目の美しい青さ、清々しい草の香りからは懐かしさも感じられ、あらためて春の季節感が深まってきます。 このページには、草餅が詠み込まれた俳句の中から 2・・・

蝶の俳句 50選 -胡蝶・てふてふ-

紫色の花にとまった黄色い蝶

春ののどかな風景に、蝶がひらひらと舞う姿はとてもよく似合います。しかし、春ほどではないにしても、蝶は四季を通じて見ることができます。 俳句においても、春・夏・秋・冬のそれぞれの蝶が取り上げられた多くの作品が残されています・・・

「亀鳴く」の俳句 30選 -看経-

並んで泳いでいる亀と鯉

亀は「浦島太郎」の物語や「ウサギとカメ」の話などでも親しみがあり、「鶴は千年 亀は万年」といわれるように長寿を象徴する縁起物としても人気があります。 そして俳句では、「亀鳴く」という季語として多くの俳人たちに取り上げられ・・・

猫の俳句 50選 -猫の恋-

2匹の子猫

猫はとても可愛らしい動物で、特に子猫の仕草などの愛らしさには、たまらない魅力があります。 それらは多くの俳句にも詠み込まれてきましたし、猫に関係する季語もいくつかあります。 このページには、俳句の中に猫が詠まれているもの・・・

犬の俳句 50選 -べうべう-

冬の夕日を見つめる犬

日本で犬が飼われるようになったのは、縄文時代にさかのぼるともいわれています。 それほど古くから人々は犬と共に暮らしてきたので、俳句の世界でも、四季の風物とあわせて犬が詠み込まれてきました。 このページには、そのような俳句・・・

富士山の俳句 50選 -春夏秋冬-

赤く輝いている富士山

富士山は古くから霊峰(れいほう)とされ、日本の象徴ともいえるものです。 「富士詣で、富士詣り」などでも人々から親しまれ、和歌、短歌、俳句をはじめとして多くの文学作品にも扱われてきました。 このページには、富士山を詠んだ俳・・・

鶯の俳句 30選 -春告鳥-

鶯と梅の花と青空

鶯は「春告鳥(はるつげどり)」という別名があるように、春の訪れを期待する頃から春にかけての風景にふさわしい鳥です。 その独特の鳴き声から日本三鳴鳥(にほんさんめいちょう)の一つに数えられ、古くから愛されてきました。また、・・・

1月の季語 30の【一覧】と例句

果実に積もった雪

何かと忙しい年の暮を越えて迎えるお正月、しかし楽しい時はあっという間に過ぎてしまいます。 1月の暦をみれば「小寒」「大寒」といった文字が目につき、寒さもピークに向かっていきます。 このページでは、そのような季節感に満ちた・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ