「俳句」の記事一覧(2 / 8ページ)

お盆の俳句 30選 -精霊会-

輝いている蓮の花

私たちは子供のころから、詳しい意味はわからないながらもお盆の行事に接してきました。お盆はとても日本らしい風習であり、お正月と並んで年中行事を代表するものです。 その内容は地域によって様々なものがありますが、夏に祖先の霊を・・・

夏休みの俳句 25選 -夏景-

森の中の滝の風景

「夏休み」という言葉を聞くと、小学生の頃の夏の思い出がいくつも浮かんできます。 それらはとても楽しいものであり、もう一度あの頃に戻りたいというような、とても懐かしい気持ちになります。社会に出てからは、学校のように一カ月以・・・

山の俳句 50選 -春・夏・秋・冬-

富士山と桜の花

山地が全土の 7割以上を占める日本は、「山国」ともいわれることもあります。 日本で暮らす私たちにとって、山は特に意識しなくても目に入っているような身近な存在といえるかもしれません。 そして、春夏秋冬のそれぞれで違った印象・・・

海の俳句 50選 -春・夏・秋・冬-

日の光を受けて輝く海

四方を海に囲まれた日本では、海は身近な存在といってもよいでしょう。 そして、同じ海を見たとしても、四季のそれぞれでは受ける印象が違ってきます。その違いを表現したものの一つに俳句があります。 このページでは、「海の俳句」と・・・

朝顔の俳句 25選+10句 -牽牛花-

紫色の朝顔の花

朝顔の花は品種が豊富なので様々な色があり、夏の朝に早くから咲いて私たちの目を楽しませてくれます。 また、開花時期も秋の初めまでと比較的長いので見かけることも多く、とても親しみが持てる花といえるでしょう。 そして、朝顔は多・・・

ひまわり(向日葵)の俳句 25選+10 -日輪草-

向日葵の花と青空

ひまわり(向日葵)の花が夏の盛りの強い日射しの中でしっかりと咲いているのを見ると、力強さといったものを感じずにはいられません。 まさに夏を代表する花であり、太陽とひまわりの組み合わせは切っても切れない関係といえるかもしれ・・・

小林一茶の代表作【10句】と子規の評価 (例句36あり)

上を見上げている雀

小林一茶の俳句は、とてもわかりやすく親しみやすいものが数多くあるので、人々に好まれてきました。 あどけない子供の様子を詠んだものや、「すずめ」「かえる」といった可愛らしい小動物を題材にしたものからは、何とも言えない「あた・・・

風鈴の俳句 25選 -涼風-

鉄製の風鈴

自然に吹く風を利用して風鈴を鳴らせ、それを聞いて涼しさを感じようという知恵は素晴らしいものです。 暑い夏の日に耳にする風鈴の音色は、何ともいえないほど心地良く響きます。 今回は、「風鈴の俳句」と呼ぶにふさわしいものを集め・・・

紫陽花の俳句 25選 -四葩-

薄紫色の紫陽花の花

梅雨の頃に育つ花はあまり多くない中、紫をはじめとして青、白、赤など様々な色の花を鮮やかに咲かせる紫陽花は印象的です。 そして、雨に濡れている紫陽花には特に風情を感じるので、古くから多くの俳句に詠まれてきました。花の色が日・・・

初夏の俳句 20選 -緑風-

青空と緑葉

初夏の頃になると、草木の鮮やかな緑の葉が増えてきています。そして、それらを通り抜けてくる風は爽やかで清々しく、とても心地が良いものです。 このような時期には家にいるよりも、外へ出て風を受けながら歩いてみたくなります。目に・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ