Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「俳句・季語」の記事一覧(3 / 19Page)

ラムネの俳句 20選 -らむね-

「ラムネ」の氷旗

暑い夏の日に、よく冷えたラムネを飲んで味わう清涼感は格別です。 爽やかな風味、涼しげなガラス瓶、飲んだ後に鳴らせるビー玉の音など、ラムネは夏の風物詩の代表格といえるでしょう。 そして、「ラムネ」は俳句において夏の季語でも・・・

薔薇の俳句 50選 -ばら、そうび、しょうび-

赤い薔薇の花

薔薇の花は、花の美しさ・香りの良さ・品位などから、多くの人に愛されています。 そして、「薔薇」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「薔薇」が詠まれた俳句を多く集めました。美・・・

「氷水」「かき氷」「夏氷」の俳句 50選 -こおりみず、かきごおり、なつごおり-

氷旗

暑い夏の盛りに、かき氷を一口ずつすくって食べて涼しさをとるのは、格別に楽しいものです。 「かき氷」は「氷水」「夏氷」等とも呼ばれ、これらは俳句において夏の季語でもあり、数多くの俳人によって多くの作品に詠み込まれてきました・・・

炎天の俳句 30選 -えんてん-

真夏の太陽

真夏の昼の空で灼けるように照っている太陽や、そのような日が照りつけている日向(ひなた)などを表現するものに、「炎天」という言葉があります。 この「炎天」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 ・・・

「雲の峰」の俳句 50選 -くものみね-

積乱雲と夏の青空

夏になると、峰のような形をした、もくもくとしている積乱雲をよく見かけます。 このような雲は「雲の峰」と表現され、俳句においては夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「雲の峰」が詠まれた俳句・・・

夏木の俳句 30選 -なつき-

大木と青空

夏の白い雲の下で、強い日射しを受けて立っている木には、たくましさを感じることができます。 そして、「夏木」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「夏木」が詠まれた俳句を多く集・・・

雷の俳句 30選 -かみなり、いかづち-

雷の閃光

夏の日に、雨が降り出したかなと思っているうちに、急に大きな雷の音がして驚かされることがあります。 この「雷」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「雷」が詠まれた俳句を多く集・・・

虹の俳句 30選 -にじ-

青空にかかる虹

虹を目にする機会はあまりないので、出会ったときにはその美しさに見とれてしまいますし、いつの間にか消えていってしまうようなはかなさにも長く惹きつけられます。 そして、「虹」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込・・・

苺の俳句 30選 -いちご-

日の光を浴びる苺の実

甘酸っぱい香りと風味を持つ苺は、夏の味覚として、とても人気がある果物です。 そして、「苺」は俳句において夏の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「苺」が詠まれた俳句を多く集めました。苺の可愛・・・

シクラメンの俳句 30選 -しくらめん-

白とピンク色のシクラメンの花

鉢に植えられたシクラメンを目にすることは多く、様々な色をした花は私たちの目を楽しませてくれます。 そして、「シクラメン」は俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、シクラメンが詠ま・・・

春愁の俳句 30選 -しゅんしゅう-

春の雨にかすむ渓谷

春の夕暮れや雨の日などに、言いようのない寂しさを感じることがあります。このような感覚を「春愁」という言葉で表現します。 この「春愁」は俳句において春の季語でもあり、多くの俳人によって作品に詠み込まれてきました。 このペー・・・

余寒の俳句 30選 -よかん-

雨の中の梅の花

立春になってもまだ寒さが残っていることを「余寒」という言葉で表現しますが、この「余寒」は俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「余寒」が詠まれた俳句を多く集めました。まだ春にな・・・

「草の芽」の俳句 25選 -くさのめ-

草の芽

寒い冬が終わって春になり、土の中から青い芽が出てくるのを見ると、いよいよ季節が春になったことを実感します。 そして、「草の芽」は俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「草の芽」・・・

花衣の俳句 20選 -はなごろも-

桜の花と和服

花見をする時に着る衣服のことを、花衣(はなごろも)という美しい言葉で表現することがあります。 この「花衣」は俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「花衣」が詠まれた俳句を多く集・・・

日永の俳句 30選 -ひなが-

手水鉢と雀

春になってから、なかなか日が暮れないので、日が長くなったと感じることがあります。 これを「日永」という言葉で表現しますが、日永は俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「日永」が・・・

蜩の俳句 50選 -ひぐらし-

木の幹の蜩

夏の終わり頃の朝夕に聞く蜩(ひぐらし)の鳴き声は、他の蝉のものとは違って、秋の気配を少しながら感じさせてくれます。 そして、「蜩」は俳句において秋の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「蜩」・・・

「囀り」の俳句 30選 -さえずり-

木の枝で囀る小鳥

春の訪れとともに鳥たちの囀りが聞こえてくる時期には、その中に身をおいていると心が和んでいくような気持ちにさせてくれます。 そして、「囀り」は俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには・・・

「春の風」の俳句 30選 -はるのかぜ-

ハナミズキと桜吹雪

冬の寒さもなくった頃に受ける暖かな風は、新しい春という季節がやって来たことを告げる存在です。 そして、「春の風」は俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このページには、「春の風」が詠まれた俳句・・・

「猫の子」「子猫」の俳句 50選 -ねこのこ、こねこ-

こちらを見つめている子猫

猫はとても可愛らしくて魅力的ですが、子猫となるとなお一層の愛らしさが感じられます。 そして、単に「猫」とした場合は季語となりませんが、「猫の子」「子猫、仔猫」などは俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてき・・・

花筏の俳句 -はないかだ-

天王川公園の花筏

散った桜の花びらが水面に浮いて、それらが連なって流れていく様子のことを表現するのに「花筏(はないかだ)」という美しい言葉があります。 この「花筏」は俳句において春の季語でもあり、多くの作品に詠み込まれてきました。 このペ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ