春一番の俳句 30選 -はるいちばん-

梅の蕾

冬の厳しい寒さが続く中で、思いがけず暖かさを感じる風が吹くことがあります。

このような風があると、いよいよ春が近づいたことがわかり、私たちはとても嬉しい気持ちになります。

このページには、春一番が詠まれた俳句の中から 30句を選びました。春一番が吹く頃の風物と雰囲気に満ちた作品ばかりですので、どうかじっくりと鑑賞してみて下さい。

スポンサーリンク

目次

春一番の俳句 30選

「春一番」「春一」が詠み込まれた俳句を集め、句の文字の五十音順に並べました。

これらは、俳句において春の季語とされます。

 

石蓴打ち上げて通りし 春一番

【作者】右城暮石(うしろ くれいし)

【補足】石蓴(あおさ)は、浅い海の岩などに付く緑色の海藻(かいそう)です。食用にされ、「ちさのり」と呼ばれることもあります。

 

およぎ見ゆ 春一番の 野の欅

【作者】皆吉爽雨(みなよし そうう)

【補足】(けやき)は、ニレ科ケヤキ属の落葉高木です。

 

かうしては おられぬ性分 春一番

【作者】高澤良一(たかざわ よしかず)

【補足】性分(しょうぶん)とは、生まれつきの性質のことをいいます。

 

紅梅の 春一番に とぶ火かも

【作者】皆吉爽雨

 

声散つて 春一番の 雀たち

【作者】清水基吉(しみず もとよし)

木の枝にとまる雀

 

雑貨屋に 吊るもの多し 春一番

【作者】檜 紀代(ひのき きよ)

【補足】雑貨屋(ざっかや)とは、種々のこまごまとした日用品を扱う店のことです。

 

死ぬがよい それがいたはり 春一番

【作者】鳥居おさむ(とりい おさむ)

 

雀らも 春一番に のりて迅し

【作者】皆吉爽雨

【補足】「迅し」の読み方は「はやし」です。

 

鳩のせて 春一番の 隅田川

【作者】藤岡筑邨(ふじおか ちくそん)

【補足】隅田川(すみだがわ)は、東京の東部を流れる川です。

 

春一が 日がな木の家 鳴らしけり

【作者】高澤良一

【補足】日がな(ひがな)とは、「一日中」の意味です。

スポンサーリンク

 

春一番 歌ひ出したる 地球かな

【作者】仙田洋子(せんだ ようこ)

 

春一番 借りし予言書 積み置けば

【作者】堀口星眠(ほりぐち せいみん)

 

春一番 木々は根を締め おのれを鳴らす

【作者】楠本憲吉(くすもと けんきち)

 

春一番 心の隅に 火を点ず

【作者】相馬遷子(そうま せんし)

 

春一番 梢明りを 濃くし去る

【作者】久保田月鈴子(くぼた げつれいし)

枯れ木と青空

 

春一番 言霊のごと 駆け抜けし

【作者】原 裕(はら ゆたか)

【補足】言霊(ことだま)とは、言葉に内在すると信じられた霊力のことをいいます。

 

春一番 死神もまた 矢を放つ

【作者】古賀まり子(こが まりこ)

 

春一番 過ぎて身痩せし 蟹を食ふ

【作者】西村公鳳(にしむら こうふう)

 

春一番 煎薬の火を 細めたり

【作者】石川桂郎(いしかわ けいろう)

【補足】煎薬(せんやく)とは、「せんじぐすり(=煮出して作る飲み薬)」のことです。

 

春一番 角を踏ん張る 栄螺殻

【作者】百合山羽公(ゆりやま うこう)

【補足】「栄螺殻」の読み方は「さざいがら」です。

栄螺

 

春一番 透明にして つよき酒

【作者】小澤 實(おざわ みのる)

 

春一番 野壺めざめて 方と円

【作者】百合山羽公

【補足】野壺(のつぼ)とは、肥溜め(こえだめ)のことです。方(ほう)は、四角を意味します。

 

春一番 はたりと止みて 夕方に

【作者】岩田由美(いわた ゆみ)

 

春一番 ひきゐし狆を 抱きあぐる

【作者】及川 貞(おいかわ てい)

【補足】(ちん)は愛玩犬の品種で、日本産です、

 

春一番 仏間ひととき 魂あそぶ

【作者】井上 雪(いのうえ ゆき)

火がついた二本の線香

 

春一番 武蔵野の池 波あげて

【作者】水原秋桜子(みずはら しゅうおうし)

【補足】武蔵野(むさしの)は、関東の地域名です。

 

春一番 やみて野に落つ 月黄なり

【作者】亀井糸游(かめい しゆう)

 

春一番を 来し顔なれば まとまらず

【作者】伊藤白潮(いとう はくちょう)

 

風呂敷で 運ぶ地球儀 春一番

【作者】池田澄子(いけだ すみこ)

 

松に鳴り 樫に響けり 春一番

【作者】川村紫陽(かわむら しよう)

【補足】(かし)は、ブナ科の常緑高木の一群の総称です。

松の葉

 


 関 連 ペ ー ジ 


⇒ 春隣の俳句 50選

⇒ 東風の俳句 30選

⇒ 春の俳句 30選

⇒ 有名な俳句 30選

⇒ 有名な俳人【リスト】

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ