スマートフォン解析

二十四節気の意味とは? 【2016年版】 【一覧表】

 

カレンダーや暦で、読み方に迷ってしまうような言葉をみかけることはありませんか?

ご存知のかたも多いでしょうが、『二十四節気(にじゅうしせっき)』というものがあります。私は、これがあまり読めませんでした。

たとえ読めても、意味のわからないものが多かったので、よく調べたりしていました。

今回は、二十四節気について読み方をはじめとして意味を考えていくことにましょう。

スポンサーリンク

 

二十四節気とは

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、一年を24等分して季節の名前を付けたものです。

古代中国の時代から使われていたものが、日本に伝わってきました。

 

この二十四節気のそれぞれを、さらに 3つに分けて名前をつけたのが七十二候(しちじゅうにこう)です。

七十二候については、こちらをご覧ください。
⇒ 七十二候とは

 

二十四節気は、中国の気候をもとにしてつくられているので、日本の気候とは合わない時期や名前もありました。

これを補うために「雑節(ざっせつ)」という季節の区分けを取り入れたのが日本の旧暦です。

雑節には、次のようなものがあります。

  • 節分(せつぶん)
  • 彼岸(ひがん)
  • 社日(しゃにち)
  • 八十八夜(はちじゅうはちや)
  • 入梅(にゅうばい)
  • 半夏生(はんげしょう)
  • 土用(どよう)
  • 二百十日(にひゃくとおか)
  • 二百二十日(にひゃくはつか)

雑節のそれぞれについては、こちらをご覧ください。
⇒ 雑節とは

スポンサーリンク

 

二十四節気の読み方、日付の一覧表

 

現行の暦(新暦)の 1月に始まるものから順に並べました。

二十四節気 【2016年】
名前 読み方 日付 季節
1 小寒 しょうかん 1/6
2 大寒 だいかん 1/21
3 立春 りっしゅん 2/4
4 雨水 うすい  2/19
5 啓蟄 けいちつ 3/5
6 春分 しゅんぶん 3/20
7 清明 せいめい  4/4
8 穀雨 こくう 4/20
9 立夏 りっか 5/5
10 小満 しょうまん 5/20
11 芒種 ぼうしゅ 6/5
12 夏至 げし  6/21
13 小暑 しょうしょ 7/7
14 大暑 たいしょ 7/22
15 立秋 りっしゅう  8/7
16 処暑 しょしょ 8/23
17 白露 はくろ  9/7
18 秋分 しゅうぶん 9/22
19 寒露 かんろ 10/8
20 霜降 そうこう 10/23
21 立冬 りっとう  11/7
22 小雪 しょうせつ  11/22
23 大雪 たいせつ 12/7
24 冬至 とうじ  12/21

* 二十四節気は、期間を表すものとして使われることもあります。その場合は、次の節気の前日までの期間を表わします。

スポンサーリンク

 

 

 二十四節気の意味

それぞれの意味をみていきましょう。

 

小寒

「寒さが本格的になるころ」のことをいいます。 (1)

 

[関連項目]

⇒ 寒の入りとは

⇒ 小寒とは

 

[七十二候]

初候:芹乃栄(せりすなわちさかう)

次候:水泉動(すいせんうごく)

末候:雉始雊(きじはじめてなく)

 

 

大寒

「一年のうちで、もっとも寒さがきびしいころ」のことをいいます。 (2)

 

[関連項目]

⇒ 大寒の卵、寒の水

⇒ 大寒とは

 

[七十二候]

初候:款冬華(ふきのとうはなさく)

次候:水沢腹堅(さわのみずあつくかたし)

末候:鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす)

 

 

 

立春

 

「春のきざしが感じられるころ」のことをいいます。 (3)

 

[関連項目]

⇒ 立春とは

 

[七十二候]

初候:東風解凍(とうふうこおりをとく)

次候:黄鶯睍睆(うぐいすなく)

末候:魚上氷(うおこおりにあがる)

 

 

雨水

「空から降る雪が雨に変わり、地上の雪や氷は水となるころ」のことをいいます。 (4)

 

[関連項目]

⇒ 雨水とは

 

[七十二候]

初候:土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

次候:霞始靆(かすみはじめてたなびく)

末候:草木萠動(そうもくめばえうごく)

 

 

啓蟄

「冬眠していた虫が地上へ出てくるころ」のことをいいます。 (5)

 

[関連項目]

⇒ 啓蟄とは

 

[七十二候]

初候:蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)

次候:桃始笑(ももはじめてわらう)

末候: 菜虫化蝶(なむしちょうとかす)

 

 

春分

「太陽が真東から昇って真西にしずみ、昼と夜の長さが同じになる日」のことをいいます。 (6)

 

[関連項目]

⇒ お彼岸とは

⇒ 春分の日とは

 

[七十二候]

初候:雀始巣(すずめはじめてすくう)

次候:桜始開(さくらはじめてひらく)

末候:雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

 

 

清明

「すべてのものが清らかで生き生きとするころ」のことをいいます。 (7)

 

[関連項目]

⇒ 清明とは

 

[七十二候]

初候:玄鳥至(つばめきたる)

次候:鴻雁北(こうがんきたへかえる)

末候:虹始見(にじはじめてあらわる)

 

 

穀雨

「春の雨が降り、多くの穀物がうるおうころ」のことをいいます。 (8)

 

[関連項目]

⇒ 穀雨とは

 

[七十二候]

初候:葭始生(あしはじめてしょうず)

次候:霜止出苗(しもやんでなえいづる)

末候:牡丹華(ぼたんはなさく)

 

 

立夏

 

「夏のきざしが感じられるころ」のことをいいます。 (9)

 

[関連項目]

⇒ 立夏とは

 

[七十二候]

初候:蛙始鳴(かわずはじめてなく)

次候:蚯蚓出(みみずいづる)

末候:竹笋生(たけのこしょうず)

 

 

小満

「すべてのものが勢いづき、草木が生い茂るころ」のことをいいます。 (10)

 

[関連項目]

⇒ 小満とは

 

[七十二候]

初候:蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)

次候:紅花栄(べにばなさかう)

末候:麦秋至(ばくしゅういたる)

 

 

芒種

「芒(のぎ)を持つ植物の種をまくころ」のことをいいます。 (11)

 

[関連項目]

⇒ 芒種とは

 

[七十二候]

初候:螳螂生(かまきりしょうず)

次候:腐草為蛍(ふそうほたるとなる)

末候:梅子黄(うめのみきなり)

 

 

夏至

「一年のうちで、もっとも昼が長くなる日」のことをいいます。 (12)

 

[関連項目]

⇒ 夏至とは

 

[七十二候]

初候:乃東枯(なつかれくさかれる)

次候:菖蒲華(あやめはなさく)

末候:半夏生(はんげしょうず)

 

 

小暑

「暑さが本格的になるころ」のことをいいます。 (13)

 

[関連項目]

⇒ 小暑とは

 

 

[七十二候]

初候:温風至(おんぷういたる)

次候:蓮始開(はすはじめてひらく)

末候:鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)

 

 

大暑

「一年のうちで、もっとも暑いころ」のことをいいます。 (14)

 

[関連項目]

⇒ 大暑とは

 

[七十二候]

初候:桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

次候:土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

末候:大雨時行(たいうときどきふる)

 

 

立秋

 

「秋の気配が感じられるころ」のことをいいます。 (15)

 

[関連項目]

⇒ 立秋とは

 

[七十二候]

初候:涼風至(りょうふういたる)

次候:寒蝉鳴(ひぐらしなく)

末候:蒙霧升降(のうむしょうこうす)

 

 

処暑

「暑さが少しおさまるころ」のことをいいます。 (16)

 

[関連項目]

⇒ 処暑とは

 

[七十二候]

初候:綿柎開(わたのはなしべひらく)

次候:天地始粛(てんちはじめてさむし)

末候:禾乃登(こくものすなわちみのる)

 

 

白露

「大気が冷えて露を結ぶころ」のことをいいます。 (17)

 

[関連項目]

⇒ 白露とは

 

[七十二候]

初候:草露白(くさのつゆしろし)

次候: 鶺鴒鳴(せきれいなく)

末候:玄鳥去(つばめさる)

 

 

秋分

春分と同じく「昼と夜の長さが同じになる日」のことをいいます。 (18)

 

[関連項目]

⇒ お彼岸とは

⇒ 秋分の日

 

[七十二候]

初候:雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

次候:蟄虫坏戸(すごもりのむしとをとざす)

末候:水始涸(みずはじめてかれる)

 

 

寒露

「露が冷たく感じられるころ」のことをいいます。 (19)

 

[関連項目]

⇒ 寒露とは

 

[七十二候]

初候:鴻雁来(こうがんきたる)

次候:菊花開(きくのはなひらく)

末候:蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

 

 

霜降

「霜がおりるころ」のことをいいます。 (20)

 

[関連項目]

⇒ 霜降とは

 

[七十二候]

初候:霜始降(pしもはじめてふる)

次候:霎時施(こさめときどきほどこす)

末候: 楓蔦黄(もみじつたきばむ)

 

 

立冬

 

「冬の気配が感じられるころ」のことをいいます。 (21)

 

[関連項目]

⇒ 立冬とは

 

[七十二候]

初候:山茶始開(つばきはじめてひらく)

次候:地始凍(ちはじめてこおる)

末候:金盞香(きんせんこうばし)

 

 

小雪

「雪が降りはじめるころ」のことをいいます。 (22)

 

[関連項目]

⇒ 小雪とは

 

[七十二候]

初候:虹蔵不見(にじかくれてみえず)

次候:朔風払葉(さくふうはをはらう)

末候:橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

 

 

大雪

「雪が降りつもるようになるころ」のことをいいます。 (23)

 

[関連項目]

⇒ 大雪とは

 

[七十二候]

初候:閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

次候: 熊蟄穴(くまあなにこもる)

末候:鱖魚群(さけのうおむらがる)

 

 

 

冬至

「一年のうちで、もっとも昼が短くなる日」のことをいいます。 (24)

 

[関連項目]

⇒ 冬至とは

⇒ 冬至のかぼちゃ

 

[七十二候]

初候:乃東生(なつかくれくさしょうず)

次候:麋角解(おおしかのつのおつる)

末候:雪下出麦(せつかむぎいづる)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Translate »